リンスとトリートメントとの違い

ウィッグを長く使うためには、日ごろのお手入れは必修です。


絡みや自然な艶は、お手入れを怠るとたちまち悪化してしまいます。


シャンプーとリンスは必修です。

トリートメントもしたほうがいいの?

メンテナンス.お手入れ.シャンプー.リンス.ウィッグ専用

ときどきトリートメントもしているという人がいますが、これは不要です。


リンスは表面について保護するもので、トリートメントは、髪の毛の中に染み込んで、髪を保護するものですから、人工ファイバーのウィッグの場合は不要です。

というか、染み込まずに表面に残りますから、逆に悪い結果になる事もあります。

市販のシャンプーかそれともウィッグ専用か

メンテナンス.お手入れ.シャンプー.リンス.ウィッグ専用

シャンプーとリンスですが、大きな違いはあまり感じられませんが、できればウィッグ専用のものを使ったほうが正しい選択となります。


人工ファイバーと、人の髪の毛は質が違うので当然のことです。


ただし、10年以上というレベルでの差しか出てこないと思われますので、コスト的に考えるのならば、普段使っているシャンプーでもかまわないともいえます。

関連ページ

柔軟剤でサラサラ
ウィッグが絡まりやすいと感じたら柔軟剤をためそう。
制汗剤でつや消し
つやがありすぎる場合は制汗剤をスプレーするのがお勧めです。